TIPS FOR Auto CAD
JWW編 は こちら

AUTO_CAD LT 2000i に関するテクニック覚書です

001 文字の鏡像複写(移動) システム変数 MIRRTEXT=0 に設定すると,たとえばマンションのように反転タイプの住戸タイプを鏡像複写してつくるとき,室名など文字が反転されないでコピーされる。
002 一時OSNAP コマンド実行中 希望のスナップする前に shift + 右クリックで一時オブジェクトスナップのメニューのショートカットが表示される。
003 選択の解除 オブジェクト選択後,shift + 選択でそのオブジェクトを選択解除できる
004 トリムと延長の切り替え トリム実行中に shift を押しながらオブジェクトを選択すると,オブジェクトを延長できる。また,逆に延長実行中に shift を押しながらオブジェクトを選択するとトリムされる
005 複数のファイルの切り替え 複数のファイルを開いているとき,ctrl + tab で次々にアクティブな図面ファイルが切り替わる
006 基点設定とトラッキング    どちらも似たような機能をもっていますが,トラッキングのほうが相対座標を入力するのではなく方向を決めて数値を入力していけるので 基点設定の入力より簡単にスピーディにできるようです。
007 スペースキーとエンターキー どちらも 確定の意味で使われる。さらに,どちらもコマンド繰り返しが実行できる。
008 ハッチング図形の選択 ハッチング図形は任意の位置をクリックしても うまく選択されない。ハッチング境界付近をクリックすることで 一発で選択できる。
009 選択が先?コマンドが先? 図形を選択してからコマンドを実行するか,コマンドを実行してから図形を選択するか。後者のほうが 選択確定操作がひとつ多いので前者のほうが効率的に思える。
010 フィレットでコーナー処理 AutoCADにはJWのようなコーナー処理はないが,フィレットコマンド(丸面取り)の半径指定を 0 にすることによってそれと同等の処理ができる。
011 寸法ツールバーの配置 寸法ツールバーを水平方向に配置すると 寸法スタイルコントロールの表示ボックスが現れる。いくつもの寸法スタイルを使い分けるとき便利だ。
012 既存線分から垂線を描く 任意の点から 線分へ垂線を描くには垂線スナップで描けるが,線分の任意の点からそれに対する垂線を描くには,極トラッキングの設定で相対角度に設定して線分を始点として指示すると そこから垂線を描くことができる。
013 グリップを使って編集 図形を選択してグリップを表示し,任意のグリップをクリックすると所期状態はストレッチモードであるが,スペースまたはENTERキーを押すことによって 移動,鏡像,回転,尺度変更へとモードが切り替わり実行できる。
014 スナップ点の切り替え スナップ点が密集していて思い通りにスナップできないとき Tabキーを押すことによって次々とスナップ点を切り替えていける。
015 斜め線の伸縮 水平線,垂直線など極トラッキングとグリップを使って簡単に伸縮ができるが,任意の角度の線は その方法では角度を保っての伸縮はできない。斜め線の伸縮は長さ変更コマンドからダイナミックを使うと便利だ。
016 ツールバーへダイナミック文字 建築図面の場合 マルチテキストよりダイナミック文字を多く使う。初期状態ではダイナミック文字のツールボタンはないので,ツール→カスタマイズ→ツールバーからダイナミック文字のボタンをドラッグしてマルチテキストの下にでも配置する。
017 文字編集 既存の文字を選択して右クリックメニューから文字編集が実行できるが,選択していない状態から 文字の基点あたりをダブルクリックすると すぐに文字編集が実行できる。
018 図形の簡易移動 図形を選択してグリップ表示状態から グリップ以外の図形の任意の位置をドラッグすると,移動ができる。ただし 基点設定,極トラッキング,スナップは使えないので あくまで任意の位置へ簡易移動である。
019 2重線で壁の作図? たとえば通り芯に沿って 厚みを持った壁線を描く場合 2重線コマンドで2本の壁線を描いていきたいところだが,定常OSNAPは併用できない。一時スナップを使っていくことになるが,ずいぶんとめんどうだ。私は 壁の作図については,ポリラインのオフセットを利用している。
スナップ設定を利用して通り芯の交点をスナップ点にあわせられれば,2重線の設定を S=0,B=OF,C=N として通り芯に沿った壁線を描いていける。
020 ブロックの作図 ブロック図形は画層「0」,ByBlockで作成すると挿入した画層のプロパティが反映され,線種や線色も変更できる。
021 白抜き文字 システム変数「TEXTFILL」で0を指定するとTrueTypeフォントはすべて白抜きで印刷される
022 数値入力時の除算数値 オフセットや移動複写などの数値入力時,除算数値の入力ができる。
たとえば 910モジュールで根太などを一尺ピッチで配置する場合,数値入力時に910/3といれてオフセットや複写などをおこなうとよい。
023 角度と長さを指定した線分 角度と長さを指定した線分の描きかたとしてまず思いつくのが,極トラッキングで角度を設定して線分コマンドから極トラッキングの位置あわせパスを利用して直接距離入力で描く方法がある。もうひとつの方法として相対極座標を使う方法があり,線分コマンドの次点指示のときに相対極座標として  @距離<角度  を入力する。このとき角度の方向(反時計廻りが正)に十分注意する。
024 重なった図形の選択 重なっている図形の中から1つの図形だけを選択したいときは,ctrlキーを押しながら目的の図形をクリックする。これで「循環」という機能がONとなり,重なっている図形の中からひとつだけを選択できるようになる。クリックすると,選択対象が順次切り替わり ENTER で確定する。
025 [面取り]や[フィレット]のサブメニューのトリム(T)って何? トリムを設定すると元図形を伸縮変形させて 面取りや丸面取りを行うが,トリムを非設定にすると元図形の変形はいっさいおこなわれない。建築実務では通常トリム設定で良いだろう。これを知らないといつのまにかトリム非設定になって面取りやフィレットが使えなくなったと勘違いしてしまうのです。
026 簡単な距離測定 図面上の2点間の距離を測るのに、測定コマンドを使ったり寸法コマンドで寸法を描いて見るなどがありますが、線分コマンドで簡単に距離確認ができます。線分コマンドで一点目を指示し2点目にカーソルをもっていって端点などのスナップマーカーが表示された段階でステータスバーの左端の座標表示をみると2点間の距離と角度が表示されています。
027 トリムがうまくできない? トリムコマンドの実用的な方法として 1回 enter空打ちしてオブジェクトクリックで一番近いエッジで自動的にトリムするというのがありますが、トリムのオプションでエッジが延長(E)に設定されているとねらったエッジ以外の図形の延長線上がエッジとされうまくトリムができないときがあります。この方法を多用する場合はこのオプションを非延長(N)にしておいたほうがよさそうです。
028 マウスホイールの設定 システム変数「ZOOMFACTER」でマウスホイールによる拡大縮小の比率を調整できる
システム変数「MBUTTONPAN」でマウスホイールによるPANのON、OFFが設定できる

 TIPS FOR JWW