TIPS FOR JWW
AUTO_CAD 編は こちら

JW_CAD for windows に関する テクニック覚書です   

001 他図面からの複写 他図面を新たに別ウィンドウで開きコピー&貼り付けでできる。Windows98以降であればクイック起動バーにJWWアイコンを登録しておけばとても便利である。好みによってタスクバー右クリックからウィンドウを並べて表示したりして作業しても良い。
002 DOS版ライクな文字入力 DOS版JWCのように入力位置を決めてから文字を入力するように設定できるが, その場合,文字移動や文字複写はshiftキーを押しながらのマウス操作になってしまうので注意する。
003 環境設定ファイル マウスホイールによる図面倍率変更など環境設定ファイルでしかできない設定もあるので sample.jwf をじっくり読んで自分用の起動設定ファイル(jw_win.jwf)を作るとよい。
004 DOS版で重宝していた変形→複線化 複線コマンドで留線出を複線間隔数値とし,留線付両側複線を実行すればよい。このとき基線は必ずデータ整理で連結しておかなければうまくいかない。
005 画像の貼り付け 文字→文読→BMPファイル選択で任意の位置に貼り付けられる。図形の大きさは図形ファイルのテキストデータの数字を変更するか, 移動コマンドでマウス倍率を使って対角点指示で変更できる。
006 図形データの削除 今のところ,Windowsエクスプローラを開いて削除するしかないようだ
007 寸法入力のときのマウス数値入力 数値入力ダイアログボックス右の▼を右クリックでマウス数値入力の画面となる。
008 書き込み属性のデータ選択 DOS版ではCtrlキーとShiftキーを同時に押して重なったデータのうち書き込み属性のデータを選択できたが, JWWではCtrlキーのみ押しながら選択する
009 数値入力のカンマの入力 テンキーのピリオド2回入力でカンマとなる
010 データのレイヤ移動の方法 DOS版では移動コマンドでレイヤ移動のサブメニューがあったが,JWWではまず範囲選択でデータを選択後,属性変更でレイヤを移動する。その他のすべての属性の変更もこのやり方。データ変更コマンドではひとつひとつのデータを選ばなければならない。
011 コーナーコマンドのDOS版との違い DOS版では同一線上の離れた別線種の線データもコーナーコマンドで一本につなげることができたが(最初にクリックしたほうの線種にする)JWWではそれができない(線色が異なりますというメッセージがでる)
012 計算式の自動計算機能 DOS版と同様, 数式+Ctrlキーで計算結果表示(=付きで数式も表示)
013 クロックメニュー 極力クロックメニューに慣れることが 作図スピードを上げ,JWWを使いこなすこつのようだ。私はツールボックスを消してしまい クロックメニュ-を使わざるを得ない状況に追い込んで努力している。
014 クロックメニュー(1),(2)の切り替え ドラッグ量の違いで切り替え(切り替えドラッグ量は設定で変更できる)
015 水平垂直線と自由線の切り替え 基本的にはチェックボックスであるが, 頻繁に切り替えたいものなのでスペースキーで切り替えができるし、線コマンド内のクロックメニューを使うのもいい。
016 外変選択の簡単な方法 外変メニュー(G+)という便利な外変プログラムもありますが,普段使う外変が2つ3つであれば,環境設定ファイルで各外変をCtrl + キーに割り当てられるので,その方法でも良い。さらにAUTOモードを使うのであれば,クロックメニュー(2)に割り当てられる。
外変メニュー G+ for Jww →
 Snap_Kin の外部変形プログラム for Jww
017 レイヤ非表示化のクロック操作 AMクロック6:00属性取得でそのまま少しマウスを上下するとレイヤ非表示化を選択できる。
018 中点指示, 線上点指示 右AMクロック指示で中点や線上点,円周1/4点などが取得できる。(DOS版のようにキー操作ではできない)
線上点指示は最初の指示で線を選択, 次の指示で点位置を選択することに注意
019 図面に色を塗りたい バージョン2.20より 多角形 - 任意 で ソリッド図形 と 任意色 にチェックを入れて任意色に図形を塗りつぶしていくことができる。さらに,+ Rクリックで色取得もできる。
さらにバージョン2.30より連続線指示を使って, 平面図の壁塗りつぶしなど面白いほど簡単に塗りつぶしができるようになった。
020 クロックメニューのAMとPMの切り替え AM選択の状態でそのままもう一方のボタンをクリックするとPMに切り替わる(逆も同じこと)
021 データ情報の表示 TABキーを3回押してデータを指示すると画面左上にそのデータ情報が表示される。(線なら長さ,角度 文字なら文字種,大きさ)
022 包絡処理で範囲内消去 包絡処理を使って範囲内切り取り消去ができる(終点をRクリック指示)

クロックメニューで選択するようにすれば, 消去コマンドを選んで範囲選択を選んで切り取りにチェックをいれて・・・などの操作に比べてはるかにスピーディーに作業ができる。

消去コマンドからの切り取り消去の場合文字も選択してしまい, いちいち文字を除外しなければならないが, 包絡処理では線データだけを処理する。DOS版ではハッチ属性の線データは処理されなかったが, JWWではできるので たとえばタイル目地内の文字周りの線消去のときなど大変便利だ。
023 包絡処理でコーナー処理 同線色, 同線種であれば包絡処理を使ってすばやくコーナー処理をするのもよい

やはり 少なくても包絡処理はクロックメニューで選択したい
024 寸法値変更 寸法コマンドのなかの寸法値変更は右AM2時のクロック指示のみである。ボタン操作はできない。
025 文字の貼付 文字コマンドの貼付ボタンは他のテキストエディタなどからのコピー文字を貼り付けるが,文字データを左AM時クロックでの文字貼り付けはその選択文字を文字入力ボックスに貼り付ける。
026 線記号ファイルの変更 線記号変形や建具平面等の選択時に表示されるサムネールをCtrl+Shiftキーを押しながらダブルクリックすると,ファイルの編集ができ自分が使いやすいようにカスタマイズできる
027 サムネール画面の中の拡大縮小 レイヤ一覧やファイル選択,図形選択などなど,サムネール画面の中でも両ドラッグによる拡大縮小ができる。マウスホイールによる操作はできないようだ。
028 BMP以外の画像貼付 SusieプラグインをJWWフォルダにインストールすることで,JPEGやPICT形式の画像を貼り付けることができる

プラグイン入手先 : http://www.digitalpad.co.jp/~takechin/
029 任意サイズの文字 任意サイズで書いた文字はJWC形式で保存すると,そのサイズに一番近いサイズの既定文字種に変わってしまいます。
030 2線間の等角度分割 角度のついた2線間の等角度分割は角度180度未満でしか実行されない。180度以上の場合は角度を決めて 始線を角度付連続複写していく方法がある。
031 レイヤ名の設定 書き込みレイヤボタン右クリックによるレイヤのサムネール一覧のレイヤ名をクリックすることによりレイヤ名を変更できる。レイヤ全体を確認しながらレイヤ名を整理できるので便利である。
032 文字列途中での書体変更 これまで文字の字体は入力文字列単位でしか決められないと思っていたが,文字列途中で一定の記号をいれることにより文字列途中の部分的な書体変更ができることがわかった。たとえば,本間^!建築^#設計事務所 と記述すると建築の部分が太字で表現される。詳しくは徹底解説リファレンス編
文章途中の単語強調など とても便利であるが記号を憶えて挿入するのが結構面倒なので,外変など便利な方法を探したい。
033 文字の整列 DOS版では文字編集コマンドで文字整列ができたが,JWWでは文字コマンドではなく  範囲選択− 文字位置・集計で文字の整列を行うことができる
034 ver 3.10 公開 JWWが3.10にバージョンアップしました。今回もありがたい機能がいろいろと追加されています。いまのところ天空図を実務で使用しない私にとって今回のいちおしは パラメトリック・移動・複写を1回行った後の図形の仮表示無しの指定の追加(環境設定ファイルの「S_COMM_8」参照)です。DOS版から移行したときに仮表示がマウスにくっついてくるところがなじめなかった部分のひとつでしたがようやく解消され,快適になりました。

ver 3.10 のDOWN LOADはこちらからどうぞ
: JWW公式サイト
035 レイヤ整理ファイル 標準JWWフォルダの中に sample.jwl というレイヤ整理サンプルファイルがあります。このファイルの内容を自分の都合のよいように書き換えて適当な名前で保存し,環境設定ファイル読み込みから拡張子をJWLに変えて読み込んであげると瞬時にその内容でレイヤ分けをすることができます。私はこの設定ファイルを頻繁に利用してレイヤ分けをするのですが,環境設定ファイル読み込みの場面まではキーコマンドに割り当てるなどして簡単にいくのですが,そのあとどうしても拡張子の変更をしなくてはなりません。(JWF→JWL)頻繁に使うものとしては,なんとかスピーディに設定ファイル読み込みを行いたいのですが・・・
036 式計算のカスタマイズ 使っている人は少ないかもしれませんが,[その他]-[式計算]というコマンドがあります。あらかじめプログラムされた計算式によって選択や入力された数値を自動計算して計算結果を表示し,文字データとして入力できるものです。比較的簡単にユーザーが自由に作成や変更した計算式データを使った計算式を実行することができるので,外変プログラムをつくってみたいがなかなか難解でとっかかれない私もオリジナルの計算プログラムをつくってちょっとした上級者気分を味わってます。データ編集の方法は徹底解説のリファレンス編に詳しく解説されています。ちなみに私は住宅の企画図面で頻繁に使う 坪数と帖数の算定を加えました。とても単純な計算なので簡単にデータをつくることができましたが,つくってみると意外と使いやすく重宝しています。
037 読み込み項目の設定 基本設定の中に読み込み項目の設定というのがありますが,これを設定してファイルを読み込むとそのファイルで設定した 線の表示,印刷状態,画像やソリッドの表示順序などの環境が自分で設定していた設定に優先して読み込まれます。以前は自分独自の環境でファイルを作って人に渡す場合,その環境設定ファイルも同時に渡していたものですが,この機能によってずいぶん便利になりました。
038 スペースキーの裏技 015でスペースキーによる線コマンド中の技を紹介しましたが、他にもたくさんスペースキーやSHIFT+スペースによる切り替えの技がたくさんあります。移動、複写コマンドではスペースキーで方向の切り替え、円弧コマンドではスペースで円と円弧の切り替えSHIFT+スペースで基点切り替えなどなどいろいろなコマンドでためしてみるとたくさんのおもしろい発見がみつかります。
039 矩形コマンドの水平垂直 矩形コマンドの水平垂直のチェックは何の意味があるのだろうとずっと思っていました。チェックをいれてもいれなくても矩形を描くのになにも変わりはないし・・・。
ようやくわかったのですが、傾き角度を設定したときに水平垂直にチェックをいれると傾きを無視して角度0°の矩形を描くということなのですね。ある決まった角度の矩形と水平角度の矩形2種類を切り替えて配置したいとき 前述のSHIFT+スペースで水平垂直のチェックをいれたりはずしたりすれば簡単に描いていけます。
040 JWWデータをエクセルへ 私はnemoto氏の「JwwtoMF」というツールを利用して、エクセルで作成している確認申請書類にJWWデータの配置図を貼り付けています。JWW図面データをメタファイル(EMF/WMF)に変換して、エクセル側でそれを挿入です。オプションで縮尺をあわせるように気をつけます。
  nemoto氏のサイト  http://www.e-tripod.net/
041 レイヤ非表示化 017 でレイヤ非表示化のクロック操作を説明しましたが、Tabキー2回もしくはshift+Tabでレイヤ非表示化コマンドに移行します。ちなみに設定で非表示化を表示のみレイヤ化にできます。
042 線属性のツールバー どのバージョンからはわかりませんが 線属性のツールバー(1)(2)ふたつあることに気づきました。機能、かたちともに2つともまったく同じで、ふたつのツールバーを例えば画面の対角位置に配置することによって線の選択をスピーディに行えるというものらしいです。
043 ソリッド図形は「曲線属性化」で 多角形のソリッド図形は複数のソリッド図形が組み合わされた図形となる。コントロールバーの「曲線属性化」にチェックを入れて作成すると、複数のソリッドがひとつとして扱われるので色変更や消去などの編集が楽になる。
044 分割の割付 Ver.3.50より分割コマンドの割付に割付距離以下が加わりました。これで たとえばテスリ子の割付などが大変楽になります。DOS版ではできていたことなので待ち望んでおりました。
045 交差選択 Ver.3.50より範囲選択で交差選択ができるようになりました。AutoCadなどで大変重宝していたものなのでこれまた待ち望んでいたものです。

ver 3.50a のDOWN LOADはこちらからどうぞ: JWW公式サイト
046 矢印追加コマンド 線コマンドから矢印追加にチェックをいれて、はずすのを忘れて線が描けなくなってパニックになっている人がよくいます。環境設定ファイルで、1回使用や他コマンド移動で自動的にはずす設定にすることができます。これはぜひ設定しておくべきでしょう。
047 JWK図形をJWS図形に変換
最近、図面の中の文字を明朝体とするのが気に入ってます。ところが、そこで問題となるのが文字を含んだ自作の登録図形です。DOS版時代から使っているJWK形式なので当然全てゴシック文字です。ひとつひとつフォントを直してJWS形式に直そうと思うのですが膨大な量なのでなかなかその気になれません。そんなところに発見したのが JWC2JWW というフリーソフトです。複数のJWK形式のファイルを一気にJWS形式に変換してくれます。しかも同時にフォントの変換もしてくれます。とても便利です。CAD&CG3月号に紹介されていましたがまさに今必要としていたものだっただけに大変助かりました。
作者の古川也寸志さん、米田昌司さんに感謝。

JWC2JWW    URL●http://jwx.hp.infoseek.co.jp/
048 読み取り点で線切断
コーナーコマンドや伸縮コマンドの線切断は右クリックですが任意の点での線切断となります。たとえば交差している線の一方の線をその交点で切断したい場合、消去コマンドの線部分消しを利用します。消去コマンドから切断したい線を選択し、交点を右クリック、もう一方の点として同じ箇所を右クリックで切断となります。(右ダブルクリックではなく右クリック2回ですね)切断間隔を入れてあげると設備配管図でよく見る配管交差部の隠線処理もできます。
049 作図済斜線を水平線に
たとえば 不整形な敷地図面があり その一辺を画面に水平に配置し直したい場合、移動コマンドから敷地全体を選択確定し水平にしたい境界線上でクロックメニュー右PM8時[(-)角度]を選択する。
050 文字の角度を一括して変える
めだたない機能ですが、データ整理から文字角度整理というコマンドがあります。選択した文字データをそのそれぞれの文字の中中基点を中心として図面の軸角度にあわせてくれます。図面を回転しなければならないとき大変役立ちます。
051 複写の代わりにコピー&貼り付けを使う
複写コマンドを使っていてときどき不便だと思うのが [90度毎]ボタンがないことです。木造平面図のドアを複写でおいていくときなど 90度ごとに回転しながら調整して複写していかなければなりません。こんなときは [範囲選択]-[基点]-[コピー]-[貼り付け]で複写しましょう。[90度毎]ボタンが使え大変便利です。スペースキーで90度毎回転ができるのでいっそう便利です。

すばらしいCADソフト JWW の作者の方がたに心から感謝いたします・・・・・   

 TIPS FOR AUTO_CAD